【GA4】 URLから文字列を取得して、イベントパラメータに入れる≪修正版≫

GTM

この記事では、URLの特定の位置にある文字列を取り出して、GA4のイベントのパラメータとして取得する方法を説明します。

今回の与件は、URLの例として、

https://ga4-quick.and-aaa.com/gtm-test/venezia/20220826/

というURL中の文字列(今回の場合は「/gtm-test/文字列/20220826/」)を取得して、イベントパメータに入れる方法を解説します。

変数の設定

「カスタム JavaScript」で変数を設定します。

コードは下記のようになります。

function () {
  return window.location.pathname.split('gtm-test/')[1].split('/')[0];
}

「window.location.pathname」で URL のパスを取得します。パスとはドメイン以下、今回の場合は「/gtm-test/文字列/20220826/」です。 

今回はパスの取得なので「.location.pathname」を使用しましたが、たとえば URL 全体を取得したい場合は「location.href」、パラメータ部分(?以降)を取得したい場合には「location.search」を使用します。

次に「/gtm-test/文字列/20220826/」の「文字列」部分のみを残すためにデータの加工を行います。「.split」で文字列を任意の場所で切り、その前([0])か後ろ([1])かを残すことができます。

今回の場合は「/gtm-test/」と「文字列」の後の「/」を除きたいので、.split(‘gtm-test/’)[1].split(‘/’)[0]と設定しました。

上記のスクリプトの場合はURLに’gtm-test’という文字列が入っていないと利用できない形です。こちらで汎用性が大きくなるようなスクリプト(カスタムJavascript変数)も紹介させていただきます。

function () {

  /*
   * ページパスは基本的に'/'で区切られるので
   * window.location.pathnameでページパスを取得し
   * さらにそれを".split('/')"することで
   * 本例の場合以下のような配列の形になる
   * [ '', 'gtm-test', 'venezia', '20220826', '' ]
   */
  var texts = window.location.pathname.split('/');

  /*
   * 今回欲しい値は上のtextsの3番目(index相当で2)のため
   * "[2]"で配列の3番目を取得し、それを返す
   * この"2"を変更すること他のURLパターンの場合でも対応可能
   */ 
  return texts[2];
}

次に、URLから取得した文字列をGA4に送信するイベントタグを設定します。

タグとトリガーの設定

イベントパラメータで、先程設定した変数「get_from_url2」の値を取得できるようにします。

このイベントのトリガーは、下記のように設定しておきます。

これで、URLから取得した文字列をGA4に送信するイベントタグの設定ができました。

ここまで出来たら、タグを「公開」してください。

文字列取得の確認

DebugViewにて、文字列の取得が確認できたら成功です。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング(週間)

  1. 1

    【UA→GA4】プロパティ 自動作成  2023.3.1 GA4 補完計画

  2. 2

    GA4 × ChatGPT 爆速!GA4 設定 & 解析 革命 第1回

  3. 3

    GA4の指標「総ユーザー数」VS「アクティブ ユーザー数」

  4. 4

    ユニバーサル アナリティクス終了 過去データはどうなる?

  5. 5

    GA4 「ページ ロケーション」と「ページ パス と スクリーン クラス」何が違う?ドメインの有無以外にもパラメータの扱いに違いあり

  6. 6

    GA4の探索で「ページ別訪問数」を見ることは可能か?

  7. 7

    GA4 レポート用識別子、user_id の活用

  8. 8

    GA4 & Looker Studio(旧データポータル) 「割り当てエラー」問題 原因と打開策「データの抽出機能」(2023年1月14日 修正)

  9. 9

    GA4 拡張計測機能の新顔「フォームの操作」 form_start, form_submit

  10. 10

    GA4で異なるドメイン(サブドメイン)の同一ページパスをドメイン付きで表示する

最近の記事

  1. GA4 × ChatGPT 爆速!GA4 設定 & 解析 革命 第1回

  2. ユニバーサル アナリティクス終了 過去データはどうなる?

  3. 【UA→GA4】プロパティ 自動作成  2023.3.1 GA4 補完計画

カテゴリー

 
TOP