GA4の探索で「ページ別訪問数」を見ることは可能か?

ページ別訪問数(ページ別セッション数)

「ページ別訪問数(ページ別セッション数)」とは?

「ページ別訪問数(ページ別セッション数)」は、1セッション中に、ページが閲覧されたら1とカウントされ、同一セッション内で2回目以降の閲覧があっても、1のまま、という指標です。セッションが新たに始まれば、「ページ別訪問数(ページ別セッション数)」も新たにカウントされます。


セッション開始 → ページAページB ページA → セッション終了
セッション開始 → ページBページCページA → セッション終了

上記の2セッションがあった場合、各ページの「ページ別訪問数(ページ別セッション数)」は、

ページA:2
ページB:2
ページC:1

となります。この指標はUAでは利用できたのですが、GA4では現時点では利用することができず、利用したいという方もおられるようですので、この記事では「何とか近い値を出す方法が無いか」を考察してみました

何とか近い値を出す方法が無いか

話をUAのカスタム レポートから始めさせていただきます。

UAのカスタムレポート

UAの「カスタム レポート」で「ページ」別に「セッション」「閲覧開始数」の表を作ると、「セッション」と「閲覧開始数」は同数になります。

GA4の探索

一方、 GA4の「探索」でページ別に「セッション」「閲覧開始数」の表を作ると(作成方法は後述)、「セッション」と「閲覧開始数」は同数になりません。 ここで、数値の考察を行う前に、上記の「探索」をどのようにして作成したかをご説明します。

GA4で「ページ別訪問数」の一覧を出すために作成した探索

使用する「探索」のテンプレート

  • 自由形式

使用する「ディメンション」

  • ページパスとスクリーン クラス → これを表の「行」に使用します。
  • イベント名(表にはイベント名の列はありませんが、後述のフィルタで使用します。)

使用する「指標」

  • セッション
  • 閲覧開始数(こちらは参考までに表示してみました。)
  • 表示回数(「ページビュー数」と同義です。こちらも参考までに表示してみました。)

使用するフィルタ

下記のフィルタを適用しています。

「イベント名」「次と完全一致」「page_view」

ここで、なぜ
「イベント名」「次と完全一致」「page_view」
を使用したかをご説明します。

まず前提として、GA4には「ページ別訪問数」というUAにあった指標がありません。これが本記事のスタート地点になっています。

GA4では「ページ別訪問数」がなくなったとすれば、それを見たい場合はどうすればよいかについて考察しました。

上記で見たように、UAのカスタムレポートでページ別に「セッション数」と「閲覧開始数」の表を作ると、「セッション数」と「閲覧開始数」は同数になります。 一方、 GA4の探索でページ別に「セッション数」と「閲覧開始数」の表を作ると、「セッション数」と「閲覧開始数」は同数になりません。 このことについて述べてある公式ヘルプは私の方では発見できておらず、申し訳ございませんが、起きている事象から仕様を推測すると、

  • 「UA」で「ページ」をディメンションとした場合の「セッション」は「閲覧開始数」と同義
  • 「GA4」で「ページパスとスクリーン クラス」(UAの「ページ」に近い)をディメンションとした場合の「セッション」は「閲覧開始数」と同義にならない

となります。 では、「GA4」で「ページパスとスクリーン クラス」(UAの「ページ」に近い)をディメンションとした場合の「セッション」は「閲覧開始数」と同義にならないとすれば、このGA4の 「セッション」は何を意味しているのか?実は「ページ別訪問数」に比較的近い値であるというのが現時点での考察結果です。繰り返しになりますが、この考察について触れたGoogleの公式ヘルプが無いため、確証は得られていないという点をご了承ください。

さて、本題の
「イベント名」「次と完全一致」「page_view」
のフィルターを使う理由ですが、ページを閲覧したというイベントである「page_view」でフィルタを掛けた場合と掛けなかった場合、どちらがUAの「ページ別訪問数」に近い値になるか、比較を行ってみました。

ただしこの比較は、そもそもUAとGA4でセッションの計測方法が違うという前提があるので、比較自体が厳密に行われるものではないことをご了承ください。

比較を行ったのが下記の表です。
(a) UA カスタムレポート 「ページ別訪問数」
(b) GA4 探索 page_viewフィルタあり「セッション」
(x)=(b)÷(a)

(c) GA4 探索 page_viewフィルタなし「セッション」
(y)=(b)÷(a)
(z)=(y)-(x)(単位:ポイント)
要点は、
「イベント名」「次と完全一致」「page_view」
フィルタを掛けた場合、掛けなかった場合、どちらがUAの「ページ別訪問数」に近い値になるかです。すなわち、(a)に近いのは、(b)か(c)かという比較です。

(x)の値が100%に近ければ、フィルタを掛けた場合の方が近い
(y)の値が100%に近ければ、フィルタを掛けない場合の方が近い、となります。
下記の表の一番下の行をご覧いただきますと、
フィルタが掛かっている(x)の平均は、102.02%
フィルタが掛かっていない(y)の平均は、118.67%
となり、「イベント名」「次と完全一致」「page_view」のフィルタを掛けた方が、UAの「ページ別訪問数」に近い値が出ることが分かりました。ただしページによってばらつきがある点をご了承ください。
日付を変えて計算してみても、計算を試した他の集計期間においても、フィルタが掛かっている値の方が近くなりました。このことから、
「イベント名」「次と完全一致」「page_view」
のフィルタを掛けた方がよいという結論に至りました。

(a)(b)(x)(c)(y)(z)
ページ(GA4では「ページパスとスクリーン クラス」)UA カスタムレポート ページ別訪問数GA4 探索 page_viewフィルタあり「セッション」(x)=(b)÷(a)GA4 探索 page_viewフィルタなし「セッション」(y)=(b)÷(a)(z)=(y)-(x)(単位:ポイント)
/152154101.32%169111.18%9.87
/archives/217111210997.32%130116.07%18.75
/archives/3172128140109.38%156121.88%12.50
/archives/30781074945.79%5955.14%9.35
/archives/18908491108.33%113134.52%26.19
/archives/1092787292.31%87111.54%19.23
/archives/18646670106.06%81122.73%16.67
/archives/19796060100.00%76126.67%26.67
/archives/31967789115.58%99128.57%12.99
/archives/32256484131.25%96150.00%18.75
/archives/2429524790.38%72138.46%48.08
/archives/24954546102.22%54120.00%17.78
/archives/2573484389.58%4695.83%6.25
/archives/24844557126.67%66146.67%20.00
/archives/1668413995.12%43104.88%9.76
/archives/22844044110.00%56140.00%30.00
/archives/24793946117.95%51130.77%12.82
/archives/32194855114.58%61127.08%12.50
/archives/28923839102.63%42110.53%7.89
/archives/11322578.13%32100.00%21.88
/archives/29024652113.04%62134.78%21.74
/archives/16723132103.23%41132.26%29.03
/archives/27313442123.53%45132.35%8.82
/archives/24984040100.00%44110.00%10.00
/archives/2910292793.10%33113.79%20.69
/archives/19542834121.43%38135.71%14.29
/archives/27943536102.86%40114.29%11.43
/archives/8863032106.67%35116.67%10.00
/archives/3083449144.12%58170.59%26.47
/archives/1224272488.89%30111.11%22.22
/archives/26012327117.39%33143.48%26.09
/archives/2719262180.77%26100.00%19.23
/archives/1132271970.37%29107.41%37.04
/archives/116221777.27%1881.82%4.55
/archives/18802426108.33%30125.00%16.67
/archives/3172124114.29%25119.05%4.76
/archives/5002530120.00%33132.00%12.00
/archives/337313096.77%32103.23%6.45
/archives/1001242187.50%26108.33%20.83
/archives/1127221986.36%22100.00%13.64
/archives/28761820111.11%24133.33%22.22
/archives/747212095.24%23109.52%14.29
/archives/8201818100.00%19105.56%5.56
/archives/26032020100.00%22110.00%10.00
/archives/3046151386.67%16106.67%20.00
/archives/32571532213.33%39260.00%46.67
/archives/5582224109.09%30136.36%27.27
/archives/17761415107.14%15107.14%0.00
/archives/25991113118.18%15136.36%18.18
/archives/3061191894.74%20105.26%10.53
/archives/315323417.39%417.39%0.00
/archives/category/user_pseudo_id1317130.77%17130.77%0.00
/archives/10961014140.00%16160.00%20.00
/archives/27111823127.78%26144.44%16.67
/archives/4251518120.00%21140.00%20.00
/archives/8521013130.00%13130.00%0.00
/archives/13819777.78%888.89%11.11
/archives/27592022110.00%25125.00%15.00
/archives/9007685.71%8114.29%28.57
合計2,2332,278102.02%2,650118.67%16.66

結局、GA4の探索で「ページ別訪問数」を見るには?

GA4の探索

キャプチャー画面の再掲載となりますが、上記でご説明した「探索」を作ることにより、
この「探索」の「セッション」により「UAの『ページ別訪問数』に比較的近い値が得られる」
というのが現時点での結論です。ただし、繰り返しになりますが、公式ヘルプには、GA4の「ページ別訪問数」について言及した情報を探しても見つけることが出来ず、「ページ別訪問数」を見たい場合を想定して、何とかできる範囲で指標を作ったという感は否めません。

ですので、この方法をご活用いただく場合は、あくまでも参考値としてご活用いただくことをお願いいたします。

ご説明は以上となります。

この記事に関するご質問は、GA4専門 無料コミュニティへお願いします

GA4専門 無料コミュニティには、毎日のようにGA4の設定や活用に関する質問が寄せられており、解析業界の有名人の方からの投稿もあります。

下記のURLからアクセスしてください。全て無料で、ハンドルネームで参加できます。

https://discord.gg/H48gPszEuP

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング(週間)

  1. 1

    GA4の指標「総ユーザー数」VS「アクティブ ユーザー数」

  2. 2

    GA4の探索で「ページ別訪問数」を見ることは可能か?

  3. 3

    GA4 「ページ ロケーション」と「ページ パス と スクリーン クラス」何が違う?ドメインの有無以外にもパラメータの扱いに違いあり

  4. 4

    GA4で異なるドメイン(サブドメイン)の同一ページパスをドメイン付きで表示する

  5. 5

    GA4 拡張計測機能の新顔「フォームの操作」 form_start, form_submit

  6. 6

    GA4 レポート用識別子、user_id の活用

  7. 7

    「セッションあたりの平均エンゲージメント時間」と「ユーザー エンゲージメント」

  8. 8

    GA4 BigQueryへのデータエクスポート | オンラインセミナー アーカイブ動画+テキスト起こし(2022年6月16日開催)

  9. 9

    GA4で設定したイベントの消し方(削除の仕方)

  10. 10

    GA4 イベントタグの「詳細設定」に「e コマースデータを送信」が実装されました。

最近の記事

  1. GA4 推奨 コマースイベントに item_category6 は追加できるか?

  2. GA4無料コミュニティで頂いたご質問 「Looker Studio にて、『page_referrer』が呼び出せないのは何故ですか?」

  3. 【英語発表】UA360に延命措置。ユニバーサル アナリティクス 有料版=360なら、2024年(再来年)7月1日までUAが使えると【英語公式ヘルプ】と【英語版公式ブログ】が伝える

カテゴリー

 
TOP