GA4 新規導入 / 最初にしておきたい設定 | オンラインセミナー アーカイブ動画+テキスト起こし(2022年3月3日開催)

オンラインセミナー

2022年3月3日に開催されたオンラインセミナーの内容です。

当日のセミナー動画

この記事には、新しいバージョンがあります。

このセミナーのテキストのダウンロードはこちらから

新規導入

念のためUAも導入しておく場合を想定。GTMの使用を前提としています。

なお、GTMを使用しない(使用できない)場合は、「Google タグ」により導入することになります。「Google タグ」による導入については、こちらの記事を参照してください。

GA4+UA 同時導入の場合を解説します

Googleアカウントを作成済みの状態で、
https://analytics.google.com/analytics/web/
にアクセス。
「測定を開始」をクリック。

「アカウント名」を入力。
「アカウントのデータ共有設定」は全てチェックが付いた状態で「次へ」。

GA4だけでなく、念のためUAも導入しておくなら、「詳細オプションを表示」をクリック。
「レポートのタイムゾーン」「通貨」はここで設定するが、後から変更できる。

「レポートのタイムゾーン」「通貨」は、「プロパティ設定」で変更できる。

ユニバーサル アナリティクスの設定もしておく場合は「両方作成する」を選択。

ビジネスの概要を設定 ⇒ 規約に同意。

GTMの設定

アカウントを作成して、利用規約に同意。

GTMのタグを所定の位置に設置。

セミナーテキストには、UA(ユニバーサル アナリティクス)同時設定のための設定方法も掲載してあります。この記事ではUAの部分は省略させていただきますが、テキストでご確認いただけます。(テキストは、下記からダウンロードしていただくことができます。)

GA4用のタグを導入します。

タグの設定。

「測定 ID」の確認が必要。

「測定 ID」の確認のために、GA4に戻って、データストリームへ。

GA4の管理画面で確認した「測定ID」をGTMに入力。

トリガーを選択。

これで公開すれば計測スタート。

リアルタイムでGA4の計測の開始を確認。

UA導入済サイトに追加で導入

「GA4 設定アシスタント」はUA設定画面のプロパティ列から利用できる機能です。この機能を使うと、使用中のUAと並行して使用できるGA4プロパティを新たに設定できます。

ただし、以下に該当すると利用できないので、手動でGTMを使って実装してください。

  • ウェブサイト作成ツールもしくは CMS が gtag.js タグ未対応の場合
  • Google タグ マネージャーを使用している場合
  • ウェブサイトが analytics.js でタグ設定されている場合

「ようこそ」をクリックして先に進みます。

チェックボックスにチェックを入れて、「プロパティを作成」をクリックします。

gtag.js タグ対応のウェブサイト作成ツールまたは CMS(例: WordPress、Shopify、Wix)をお使いの場合は、[既存のタグを使用してデータ収集を有効にします] のオプションが表示される場合があります。

ウェブサイト作成ツールもしくは CMS が gtag.js タグ未対応の場合、Google タグ マネージャーを使用している場合、またはウェブサイトが analytics.js でタグ設定されている場合は、ウィザードでは既存のタグ設定を再利用できないため、ご自身でタグを追加する必要があります。

最初にしておきたい設定

データ保持期間の変更

GA4では無料版が最大14か月、360版が最大50か月のデータ保持期間を設定できます。「探索」レポートではこのデータ保持期間を過ぎたデータを使用することはできません。標準レポートはこの影響を受けません。

初期設定では「2か月」なので、「14か月」に変更しておいた方がよいでしょう。

「管理」の「プロパティ列」の「データ設定 > データ保持」で変更します。

「14か月」に変更。

Google サーチコンソールとの連携

Google Search Console > URL プレフィックス

同じGoogle アカウントで、GTMが入っていれば、所有権は自動確認されます。

ドメインが承認されたことが確認できます。

管理 ⇒ プロパティ ⇒ Search Console リンク

「リンク」をクリック。

「アカウントを選択」をクリック。

チェックを入れて確認。

「次へ」をクリック。

「選択」をクリック。

「データ ストリーム」を選択。

「次へ」をクリック。

「送信」をクリック。

リンクの設定が完了しました。

リンクしていることが確認できます。

「集客サマリ」からたどって、「Google のオーガニック検索クエリ」を見ることができます。

このように、「Google のオーガニック検索クエリ」を見ることができます。

セミナーテキストには、UA(ユニバーサル アナリティクス)のSearch Console連携の設定方法も掲載してあります。この記事ではUAの部分は省略させていただきますが、テキストでご確認いただけます。(テキストは、下記からダウンロードしていただくことができます。)

内部トラフィックの除外

内部トラフィックを除外するには、内部トラフィックに相当する IP アドレス(または IP アドレスの範囲)を定義したルールを作成します。

管理 > プロパティ列 > データストリーム

内部トラフィックを定義するウェブデータ ストリームを選択します(この機能はアプリデータ ストリームには対応していません)。

追加の設定 > タグ付けの詳細設定 をクリックします。

「内部トラフィックの定義」をクリックします。

「作成」をクリックします。

「マッチタイプ」を選択し、「値」を入力します。

通常は「IPアドレスが次と等しい」などの選択肢を使うことがほとんどですが、「CIDR 表記」については、公式ヘルプ(https://support.google.com/analytics/answer/10104470?hl=ja)をご参照ください。

情報を入力したら「作成」をクリック。

「内部トラフィックルール」が設定されました。

これで終了ではありません。フィルタ設定を有効にする必要があります。

データ設定 > データフィルター

「Internal Traffic」をクリック。

「フィルタの状態」を「テスト」から「有効」に変更して、「保存」をクリックする。

フィルタを有効にしようとすると、上記のような確認画面が表示されます。

「テスト」から「有効」に変更になりました。

 

クロスドメイン設定(必要な場合のみ)

クロスドメイン測定を使用すると、

ドメインをまたいだユーザー行動

を、同一ユーザーによるものとして正確に識別できます。

別ドメインへのリンクがクリックされると、通常は「測定機能の強化」によって「離脱クリック イベント」(注)として処理されますが、リンク先ドメインがクロスドメイン測定の対象として登録されている場合はこの処理から除外されます。

注:「離脱クリック イベント」=ユーザーが現在のドメインから移動するリンクをクリックするたびに記録されます。

GA4のクロスドメイン設定は、GA4の管理画面上で完結します。

「管理 > データ ストリーム > ウェブ」で該当の「データ ストリーム」を選択します。

「タグ付けの詳細設定」を選択。

「ドメインの設定」をクリック。

「条件を追加」をクリック。

入力欄に、トラッキングするドメインを入力。

右上の「保存」をクリック。

設定が終わった状態です。

参照元除外設定

「参照元除外設定」は何のために行うか

途中で外部決済サービスを挟むような場合に、設定しておいた方がよい。
GA4はセッションの途中で参照元が変わった場合、セッションの参照元は変わらない。しかし、イベントの参照元は変わる。参照元除外設定により、参照元を引き継げる。

参照元除外設定をする手順です。
管理 > プロパティ列 > データストリーム

管理 > プロパティ列 > データストリーム > ウェブ

追加の設定 > 「タグ付けの詳細設定」 をクリックします。

「除外する参照のリスト」をクリック。

除外するドメインを入力して「保存」をクリック。

除外するドメインが設定できた。

当日頂いたご質問

Q: GA4の参照元除外設定は、UAの「参照元除外リスト」と同じ機能ですか?

UAの場合の「参照除外」

UAの場合、デフォルトでは、参照が発生すると自動的に新しいセッションが開始されます。(GA4では新しいセッションは開始されません)。UAでは、参照ソースを除外すると、除外したドメインからサイトに集まったトラフィックに対して、新しいセッションは開始されません。特定のサイトからのトラフィックを新しいセッションとして開始する場合は、この表のドメインを含めないようにしてください。

UAでは、たとえば、my-site.com にアクセスしたユーザーが your-site.com にアクセスした後、my-site.com に戻ってきたとします。your-site.com を参照ドメインとして除外していない場合は、my-site.com へのアクセスがそれぞれ 1 回のセッションとして計 2 回記録されます。一方、your-site.com からの参照を除外した場合、my-site.com への 2 回目のアクセスは新しいセッションとして開始されず、セッションは 1 回だけ記録されます。GA4では、my-site.com への 2 回目のアクセスは新しいセッションとしてカウントされないので、「参照元/メディア」は変わりませんが、GA4でもイベントの「参照元/メディア」は書き換わってしまうので、その書き換わるのを避けるのが、GA4の参照元除外設定となります。

(参考文献(公式サイト):https://support.google.com/analytics/answer/2795830

Googleシグナル

異なるデバイスやブラウザからアクセスされた場合でも、同一ユーザーと認識して計測を行う機能です。
通常は、異なったデバイスやブラウザからアクセスされた場合は、異なるユーザーとして計測されますが、「Googleシグナル」を使うことで、同一ユーザーとして計測されます。

ただし、同一ユーザーとして計測されるのは、
ユーザーがGoogleのアカウントにログインした状態
かつ、
広告のカスタマイズを目的とした関連付けに同意している状態
でサイトを訪問した時に限ります。

管理 > プロパティ列 > データ設定 > データ収集 で
「Google シグナルのデータ収集を有効にする」の「利用を開始する」をクリック。

「続行」をクリック。

「有効にする」をクリック。

「Google シグナル」のデータ収集が有効になりました。

今回のセミナーはここまでとなります。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング(週間)

  1. 1

    GA4の指標「総ユーザー数」VS「アクティブ ユーザー数」

  2. 2

    GA4の探索で「ページ別訪問数」を見ることは可能か?

  3. 3

    GA4 「ページ ロケーション」と「ページ パス と スクリーン クラス」何が違う?ドメインの有無以外にもパラメータの扱いに違いあり

  4. 4

    GA4 拡張計測機能の新顔「フォームの操作」 form_start, form_submit

  5. 5

    GA4で異なるドメイン(サブドメイン)の同一ページパスをドメイン付きで表示する

  6. 6

    GA4 レポート用識別子、user_id の活用

  7. 7

    「セッションあたりの平均エンゲージメント時間」と「ユーザー エンゲージメント」

  8. 8

    GA4 BigQueryへのデータエクスポート | オンラインセミナー アーカイブ動画+テキスト起こし(2022年6月16日開催)

  9. 9

    GA4 クロスドメイン設定では、リンク先に「_gl」パラメータが付く。勝手なパラメータを付けるとエラーになるページは要注意

  10. 10

    GA4とGoogle広告の連携・オーディエンス・ 広告用機械学習 | オンラインセミナー アーカイブ動画+テキスト起こし(2022年6月2日開催)

最近の記事

  1. GA4 推奨 コマースイベントに item_category6 は追加できるか?

  2. GA4無料コミュニティで頂いたご質問 「Looker Studio にて、『page_referrer』が呼び出せないのは何故ですか?」

  3. 【英語発表】UA360に延命措置。ユニバーサル アナリティクス 有料版=360なら、2024年(再来年)7月1日までUAが使えると【英語公式ヘルプ】と【英語版公式ブログ】が伝える

カテゴリー

 
TOP