GA4の指標「総ユーザー数」VS「アクティブ ユーザー数」

総ユーザー数

GA4の「探索」の「指標の選択」の際に、
「アクティブ ユーザー数」
「総ユーザー数」

を見て、どちらを使おうか迷った経験は無いでしょうか。

それぞれの選択肢にマウスオーバーすると、指標の解説が表示されます。それぞれの解説は以下の通りです。
「アクティブ ユーザー数」=「アクティブ ユーザーの合計数です。」
「総ユーザー数」=「エンゲージメント イベント発生の有無によらず、サイトやアプリを操作したユーザーの合計数」

なんとなくは理解できますが、今回は、もう少し掘り下げて確認してみましょう。

指標「総ユーザー数」VS「アクティブ ユーザー数」

下記の公式ヘルプには、「GA4 では「アクティブ ユーザー」(「ユーザー」とも表示されます)に焦点が当てられます。」とあります。

留意点
ユニバーサル アナリティクスでは、ほとんどのレポートで「合計ユーザー数」(「ユーザー」と表示されます)に焦点が当てられ、GA4 では「アクティブ ユーザー」(「ユーザー」とも表示されます)に焦点が当てられます。このように、どちらの場合でも「ユーザー」という用語が表示されますが、UA では「合計ユーザー数」、GA4 では、「アクティブ ユーザー」が使用されているため、UA と GA4 ではこの指標の計算が異なります。

https://support.google.com/analytics/answer/11986666?hl=ja#zippy=%2C%E3%81%93%E3%81%AE%E8%A8%98%E4%BA%8B%E3%81%AE%E5%86%85%E5%AE%B9

公式ヘルプ:https://support.google.com/analytics/answer/11986666?hl=ja#zippy=%2C%E3%81%93%E3%81%AE%E8%A8%98%E4%BA%8B%E3%81%AE%E5%86%85%E5%AE%B9

「総ユーザー数」としてカウントされるためには、何の条件も満たす必要はありません。上記のマウスオバーした際の説明にもありましたが、「総ユーザー数」=「エンゲージメント イベント発生の有無によらず、サイトやアプリを操作したユーザーの合計数」という定義です。


一方で、「アクティブ ユーザー数」は、下記のいずれかの条件を満たす必要があります。

「アクティブ ユーザー数」は、
ウェブサイトまたはアプリケーションにアクセスした個別のユーザーの数ですが、
「エンゲージメント セッション」(注1)が発生するか、アナリティクスで以下の情報が収集されないと、
「アクティブ ユーザー」としてカウントされません。

ウェブサイトの 「first_visit イベント」または 「engagement_time_msec パラメータ」(注2)
Android アプリの 「first_open イベント」または 「engagement_time_msec パラメータ」
iOS アプリの 「first_open イベント」または 「user_engagement イベント」(注3)

(注1)「エンゲージメント セッション」


「エンゲージメントのあったセッション」とは、10 秒を超えて継続したセッションコンバージョン イベントが発生したセッション、または 2 回以上のページビューもしくはスクリーン ビューが発生したセッションです。
公式ヘルプ:https://support.google.com/analytics/answer/12195621?hl=ja

(注2)「engagement_time_msec パラメータ」


GA4で自動的に収集されるイベントの中で、「engagement_time_msec パラメータ」が取得されるのは、以下のいずれかのイベントが発火した時です。
公式ヘルプ:https://support.google.com/analytics/answer/9234069#user_engagement

  • イベント:app_exception(アプリ)
  • 自動的にトリガーされるタイミング:アプリがクラッシュしたか、例外をスローしたとき
  • パラメータ:fatal、timestamp、engagement_time_msec 

  • イベント:first_open(アプリ)
  • 自動的にトリガーされるタイミング:ユーザーがアプリをインストールまたは再インストールした後に、そのアプリを初めて起動したとき。このイベントは、ユーザーがアプリをデバイスにダウンロードしたときではなく、初めて使用したときにトリガーされます。ダウンロード数は Google Play Console または iTunesConnect で確認できます。Apple の iOS 14 アプリ トラッキング プロンプトに同意したユーザーの first_open コンバージョン測定に対応しています。
  • パラメータ:previous_gmp_app_id、updated_with_analytics、previous_first_open_count、system_app、system_app_update、deferred_analytics_collection、reset_analytics_cause、engagement_time_msec

  • イベント:page_view(ウェブ)
  • 自動的にトリガーされるタイミング:ページが読み込まれるたび、またはアクティブなサイトによって閲覧履歴のステータスが変更されるたび。測定機能の強化経由でデフォルトで収集されます。
  • パラメータ:page_location(ページの URL)、page_referrer(前のページの URL)、engagement_time_msec

  • イベント:screen_view(アプリ)
  • 自動的にトリガーされるタイミング:画面が遷移したとき。ただし、次の条件のいずれかを満たしている必要があります。
    •   以前にスクリーンの設定が行われていない
    •   新しいスクリーン名が以前のスクリーン名と異なる
    •   新しいスクリーン クラス名が以前のスクリーン クラス名と異なる
    •   新しいスクリーン ID が以前のスクリーン ID と異なる
  • パラメータ:firebase_screen, firebase_screen_class, firebase_screen_id, firebase_previous_screen, firebase_previous_class, firebase_previous_id, engagement_time_msec

  • イベント:scroll(ウェブ)
  • 自動的にトリガーされるタイミング:ユーザーが各ページの最下部まで初めてスクロールしたとき(垂直方向に 90% の深さまで表示されたときなど)。測定機能の強化経由でデフォルトで収集されます。
  • パラメータ:engagement_time_msec

・イベント:user_engagement(アプリ、ウェブ)
・自動的にトリガーされるタイミング:アプリがフォアグラウンド表示されているとき、またはウェブページが 1 秒以上フォーカスされているとき。
・パラメータ:engagement_time_msec

(注3) 「user_engagement イベント」


このイベントの仕様は、上記の一覧の一番最後に掲載されています。

以上が、「総ユーザー数」「アクティブユーザー数」のご説明となります。淡々と人数を数える「総ユーザー数」に対して、「アクティブユーザー数」は、一定の条件を満たしたユーザーの数ということになります。

特集記事

コメント

  1. Haave you ever considered abbout including a liittle bitt mmore
    than just your articles? I mean, what youu say is valuable aand all.
    Butt thik of if you added some greeat pictures orr video clips to givve
    yoiur posts more, “pop”! Youur contejt is excellent but with imagers and clips, tthis website
    could undedniably bee onee off tthe most beeficial in itss niche.
    Good blog!

  2. Thhis design iss spectacular! Youu most certainjly know how to keep a reader amused.

    Between your wit andd your videos, I was almmost moved to strt mmy owwn blog (well,
    almost…HaHa!) Exfellent job. I really loved what yyou hhad to
    say, annd moore than that, hhow youu prsented it.
    Too cool!

  3. When I initially commented I clicxked tthe “Notify me when new comments are added” checkbox annd noww
    eachh tine a conment iss added I gget several e-mails with the same comment.
    Is thnere any way youu can reemove peoople from that service?
    Thanks!

  4. Your blog has rapidly become my ultimate source for inspiration. Thank you for sharing your thoughts.

  5. Simply desire to say your article is as amazing. The clearness in your post
    is simply cool and i can assume you’re an expert on this subject.
    Well with your permission allow me to grab your RSS feed to keep updated with forthcoming post.
    Thanks a million and please continue the enjoyable work.

  6. Attractive section of content. I just stumbled upon your website and in accession capital to assert that
    I acquire actually enjoyed account your blog posts. Any way I’ll be subscribing to your feeds and even I
    achievement you access consistently rapidly.

ランキング(週間)

  1. 1

    GA4 「ページ ロケーション」と「ページ パス と スクリーン クラス」何が違う?ドメインの有無以外にもパラメータの扱いに違いあり

  2. 2

    GA4の探索で「ページ別訪問数」を見ることは可能か?

  3. 3

    GA4のレポート画面の数値データは、イベント発生時から何時間後に確定するのか?

  4. 4

    GA4の指標「総ユーザー数」VS「アクティブ ユーザー数」

  5. 5

    GA4 拡張計測機能の新顔「フォームの操作」 form_start, form_submit

  6. 6

    【祝・GPT-4 が ChatGPT plus に登場記念!】アクセス解析コンサルタントが、GPT-4にCSVデータを渡して、データ解析結果のコメントを書いてもらう方法

  7. 7

    Ads Data Hub(ADH) とはどんなものですか?GA4との関連は?

  8. 8

    GA4で異なるドメイン(サブドメイン)の同一ページパスをドメイン付きで表示する

  9. 9

    GA4 「ユーザー コンバージョン率」「セッションのコンバージョン率」の算出方法は?(2022年8月23日更新)

  10. 10

    GA4では、utm_term, utm_content はどうなったのか?

最近の記事

  1. 生成AIを調整してABテストを実装したら想像以上に早かった

  2. 無料で使えるABテストツールのバージョンアップを行いました

  3. 無料ABテストツール(and,B)のマニュアルを作成しました

カテゴリー

 
TOP