GA4 クロスドメイン設定では、リンク先に「_gl」パラメータが付く。勝手なパラメータを付けるとエラーになるページは要注意

解説記事

セキュリティの観点から、ウェブページに勝手なパラメータを付けるとエラーになる設定をなさっているウェブサイトもあるかと思います。そうしたサイトの場合、GA4 クロスドメイン設定を行う際には注意が必要です。以下でご説明するように、勝手にパラメータが付くからです。そのようなサイトの解決策としては、GA4のクロスドメインのパラメータを許可する設定を追加する必要があると考えられます。

公式ヘルプから

公式ヘルプ:https://support.google.com/analytics/answer/10071811?hl=ja

クロスドメイン測定を行っている場合は、別ドメインのサイトへ移動しても、URL パラメータの _gl キーを介して共通の ID が渡されるため(例: https://www.example.com/?_gl=1*abcde5*)、同一ユーザーとして識別可能です。

https://support.google.com/analytics/answer/10071811?hl=ja

ブラウザ上ではどのように表示されるか

上記公式ヘルプでは、「URL パラメータの _gl キーを介して」とありますが、ブラウザ上では、下記のように、URLがパラメータ付きで表示されます。

実際のURL表示は下記のようになります。

https://yoshihiko-nakata.com/archives/1269?_gl=1*1o15k60*_ga*MTk4MDY2MDEzMS4xNjM4ODc4MDI2*_ga_NMGXZVVKQW*MTY1NzE1NDYzOS42MjYuMS4xNjU3MTU1NTk3LjYw

DebubViewでの表示

DebugViewでは、page_viewイベントのpage_locationは、上記のように、「_gl=」の後は、「xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx…」という文字列が表示されます。

拡大すると、上記のようになります。

「探索」の「ページの場所」ではどうなるか

「探索」の「ページの場所」でも、DebugViewと同様にパラメータが付きます。「_gl=」の後は、「xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx…」という文字列が表示されます。

拡大すると、上記のようになっています。

なお、クロスドメインの設定方法につきましては、下記のセミナーアカーブをご参照ください。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング(週間)

  1. 1

    GA4の指標「総ユーザー数」VS「アクティブ ユーザー数」

  2. 2

    GA4の探索で「ページ別訪問数」を見ることは可能か?

  3. 3

    GA4 「ページ ロケーション」と「ページ パス と スクリーン クラス」何が違う?ドメインの有無以外にもパラメータの扱いに違いあり

  4. 4

    GA4 拡張計測機能の新顔「フォームの操作」 form_start, form_submit

  5. 5

    GA4で異なるドメイン(サブドメイン)の同一ページパスをドメイン付きで表示する

  6. 6

    GA4 レポート用識別子、user_id の活用

  7. 7

    「セッションあたりの平均エンゲージメント時間」と「ユーザー エンゲージメント」

  8. 8

    GA4 BigQueryへのデータエクスポート | オンラインセミナー アーカイブ動画+テキスト起こし(2022年6月16日開催)

  9. 9

    GA4 クロスドメイン設定では、リンク先に「_gl」パラメータが付く。勝手なパラメータを付けるとエラーになるページは要注意

  10. 10

    GA4とGoogle広告の連携・オーディエンス・ 広告用機械学習 | オンラインセミナー アーカイブ動画+テキスト起こし(2022年6月2日開催)

最近の記事

  1. GA4 推奨 コマースイベントに item_category6 は追加できるか?

  2. GA4無料コミュニティで頂いたご質問 「Looker Studio にて、『page_referrer』が呼び出せないのは何故ですか?」

  3. 【英語発表】UA360に延命措置。ユニバーサル アナリティクス 有料版=360なら、2024年(再来年)7月1日までUAが使えると【英語公式ヘルプ】と【英語版公式ブログ】が伝える

カテゴリー

 
TOP