GA4の カスタム ディメンション は、BigQueryにはエクスポートされません。 しかし、「カスタム ディメンション」とは、「イベント パラメータ」「ユーザー プロパティ」のGA4内で仮の姿なのです

BigQuery

下記の「[GA4] BigQuery Export スキーマ」を見ると、「カスタム ディメンション」はエクスポートされないことが分かります。

[GA4] BigQuery Export スキーマ

https://support.google.com/analytics/answer/7029846?hl=ja

しかし「カスタム ディメンション」とは、「イベント パラメータ」「ユーザー プロパティ」のGA4内で仮の姿であり、実体の「イベント パラメータ」「ユーザー プロパティ」は、もちろんBigQueryにエクスポートされます。

カスタムディメンションの設定時、何をカスタムディメンションに設定したかというと、下記を設定したのでした。

イベント スコープカスタム ディメンションイベント パラメータ
ユーザー スコープカスタム ディメンション ユーザー プロパティ

これはすなわち、「カスタム ディメンション」はエクスポートされないのではなくて、カスタムディメンションは、「イベント パラメータ」「ユーザー プロパティ」にGA4の管理画面で使いやすい名前を付けただけのものであって、GA4の管理画面で付けた「カスタム ディメンション」名前は、BigQueryには送られない。それらの名前は、GA4の探索などだけで利用可能であるということを意味しています。

カスタム ディメンション の元の姿とも言える、「イベント パラメータ」「ユーザー プロパティ」はBigQueryにエクスポートされます。それは、スキーマの下記の表の

イベント パラメータ「params」「value」「string(文字列値) or int(整数値)」

ユーザー プロパティproperties」「value」「string(文字列値) or int(整数値)」

を含む行に該当します。

[GA4] BigQuery Export スキーマ(抜粋)

https://support.google.com/analytics/answer/7029846?hl=ja

フィールド名データ型説明
event_paramsRECORDこのイベントに関連付けられたパラメータを格納する繰り返しレコード。
event_params.keySTRINGイベント パラメータのキー。
event_params.valueRECORDイベント パラメータの値を格納するレコード。
event_params.value.string_valueSTRINGイベント パラメータの文字列値。
event_params.value.int_valueINTEGERイベント パラメータの整数値。
フィールド名データ型説明
user_propertiesRECORDsetUserProperty API によって設定される、ユーザー プロパティの繰り返しレコード。
user_properties.keySTRINGユーザー プロパティの名前。
user_properties.valueRECORDユーザー プロパティの値を格納するレコード。
user_properties.value.string_valueSTRINGユーザー プロパティの文字列値。
user_properties.value.int_valueINTEGERユーザー プロパティの整数値。

たとえばgtagでイベント計測をしているとします。下記のイベント名「sign_up」においては、

gtag("event", "sign_up", {
  method: "Google"
});

event_params.key は method

event_params.value.string_value は Google

です。 

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング(週間)

  1. 1

    【UA→GA4】プロパティ 自動作成  2023.3.1 GA4 補完計画

  2. 2

    GA4 × ChatGPT 爆速!GA4 設定 & 解析 革命 第1回

  3. 3

    GA4の指標「総ユーザー数」VS「アクティブ ユーザー数」

  4. 4

    ユニバーサル アナリティクス終了 過去データはどうなる?

  5. 5

    GA4 「ページ ロケーション」と「ページ パス と スクリーン クラス」何が違う?ドメインの有無以外にもパラメータの扱いに違いあり

  6. 6

    GA4の探索で「ページ別訪問数」を見ることは可能か?

  7. 7

    GA4 レポート用識別子、user_id の活用

  8. 8

    GA4 & Looker Studio(旧データポータル) 「割り当てエラー」問題 原因と打開策「データの抽出機能」(2023年1月14日 修正)

  9. 9

    GA4 拡張計測機能の新顔「フォームの操作」 form_start, form_submit

  10. 10

    GA4で異なるドメイン(サブドメイン)の同一ページパスをドメイン付きで表示する

最近の記事

  1. GA4 × ChatGPT 爆速!GA4 設定 & 解析 革命 第1回

  2. ユニバーサル アナリティクス終了 過去データはどうなる?

  3. 【UA→GA4】プロパティ 自動作成  2023.3.1 GA4 補完計画

カテゴリー

 
TOP