GA4 「ユーザー コンバージョン率」「セッションのコンバージョン率」の算出方法は?(2022年8月23日更新)

解説記事

GA4リリース当初は実装されていなかった、下記の2つの指標が実装されています。

  • ユーザー コンバージョン率は、コンバージョンイベントをトリガーしたユーザーの割合です。
  • セッションのコンバージョン率は、コンバージョンイベントがトリガーされたセッションの割合です。

↑「探索」の「指標」の選択肢を見ると「セッション」と「の」が入っています。

情報ソース:

https://support.google.com/analytics/answer/9164320?hl=en#071122&zippy=%2C%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%2Creleases

Conversion rate
The following new metrics let you report on the conversion rate for any conversion event:
User conversion rate is the percentage of users who triggered any conversion event.
・Session conversion rate is the percentage of sessions in which any conversion event was triggered.

2022年8月23日現在、「探索」の「指標」に、「セッションのコンバージョン率」と「ユーザー コンバージョン率」が確認されます。(プロパティによって、実装のタイミングに差があるかも知れませんが、大行き渡った頃ではないでしょうか。)

ここで、ユーザー コンバージョン率セッションのコンバージョン率の算出方法を確認しておきましょう。

ユーザー コンバージョン率は、「コンバージョン数÷アクティブユーザー数」(上記 (a)÷(c))の値と比べると、同じか、小さい値になります。これは、同一ユーザーが集計期間中に数回のCVをしても「1」としかカウントされないためと考えられます。(日本語でこのように明記してある公式ドキュメントを見つけられていないので、見つけ次第、リンクを張ります。)
セッションのコンバージョン率は、「コンバージョン数÷セッション数」(上記 (a)÷(b))の値と比べると、同じか、小さい値になります。これは、同一セッション中に数回のCVをしても「1」としかカウントされないためと考えられます。

このように、ユーザー コンバージョン率の場合は、それぞれのユーザーが、CVしたか/しなかったのか、1回でもしたら、1。セッションのコンバージョン率の場合は、セッション中にCVしたか/しなかったのか、1回でもしたら、1。とカウントしているので、単純な割り算よりも、あたりが同じか小さいかになるということになっていると考えられます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング(週間)

  1. 1

    GA4の指標「総ユーザー数」VS「アクティブ ユーザー数」

  2. 2

    GA4の探索で「ページ別訪問数」を見ることは可能か?

  3. 3

    GA4 「ページ ロケーション」と「ページ パス と スクリーン クラス」何が違う?ドメインの有無以外にもパラメータの扱いに違いあり

  4. 4

    GA4で異なるドメイン(サブドメイン)の同一ページパスをドメイン付きで表示する

  5. 5

    GA4 拡張計測機能の新顔「フォームの操作」 form_start, form_submit

  6. 6

    GA4 レポート用識別子、user_id の活用

  7. 7

    「セッションあたりの平均エンゲージメント時間」と「ユーザー エンゲージメント」

  8. 8

    GA4で設定したイベントの消し方(削除の仕方)

  9. 9

    GA4 BigQueryへのデータエクスポート | オンラインセミナー アーカイブ動画+テキスト起こし(2022年6月16日開催)

  10. 10

    【GA4】 URLから文字列を取得して、イベントパラメータに入れる≪修正版≫

最近の記事

  1. GA4 推奨 コマースイベントに item_category6 は追加できるか?

  2. GA4無料コミュニティで頂いたご質問 「Looker Studio にて、『page_referrer』が呼び出せないのは何故ですか?」

  3. 【英語発表】UA360に延命措置。ユニバーサル アナリティクス 有料版=360なら、2024年(再来年)7月1日までUAが使えると【英語公式ヘルプ】と【英語版公式ブログ】が伝える

カテゴリー

 
TOP