GA4「view_item」のdataLayerが正しく機能しているか確認したいなら、chromeブラウザのDevToolsの「ネットワーク」パネルの「ペイドロード」タブを確認

解説記事

イベント「view_item」のdataLayerを下記のように記述したとします。
(参考にした公式ヘルプ:https://developers.google.com/tag-manager/ecommerce-ga4?hl=ja#measure_viewsimpressions_of_productitem_details

<script>
// Measure a view of product details. This example assumes the detail view occurs on pageload,
dataLayer = [{ ecommerce: null }];  // Clear the previous ecommerce object.
dataLayer = [{
  event: "view_item",
  ecommerce: {
    items: [{
      item_name: "Donut Friday Scented T-Shirt", // Name or ID is required.
      item_id: "67890",
      price: 33.75,
      item_brand: "Google",
      item_category: "Apparel",
      item_category2: "Mens",
      item_category3: "Shirts",
      item_category4: "Tshirts",
      item_variant: "Black",
      item_list_name: "Search Results",  // If associated with a list selection.
      item_list_id: "SR123",  // If associated with a list selection.
      index: 1,  // If associated with a list selection.
      quantity: 1
    }]
  }
}];
</script>

上記のitemsのデータが正しく送信されているかを確認したいなら、

ChromeブラウザのDevToolsの「ネットワーク」 パネルの「ペイドロード」 タブを見ることをおすすめします。

上から、
「ネットワーク」パネル
検索ウィンドウは「collect?v」としておけば、GA4のデータは、「collect?v=2」でヒットします。
「ペイロード」タブを見ます。

「ペイロード」タブ内の
「en: view_item」は、event nameがview_itemという意味です。
「pr1」は、dataLayerのitemsに記述されている1つ目の商品情報で、取り出してみると、

pr1: nmDonut Friday Scented T-Shirt~id67890~pr33.75~brGoogle~caApparel~c2Mens~c3Shirts~c4Tshirts~vaBlack~lnSearch Results~liSR123~lp1~qt1

となっています。改行を入れると、

pr1: 
nm Donut Friday Scented T-Shirt
~
id 67890
~
pr33.75
~
br Google
~
ca Apparel
~
c2 Mens
~
c3 Shirts
~
c4 Tshirts
~
va Black
~
ln Search Results
~
li SR123
~
lp 1
~
qt 1

となっており、最初に見た、dataLayerと一致しています。これで、DataLayerに書かれた下記の情報が正しく送信されていることが確認できます。

    items: [{
      item_name: "Donut Friday Scented T-Shirt", // Name or ID is required.
      item_id: "67890",
      price: 33.75,
      item_brand: "Google",
      item_category: "Apparel",
      item_category2: "Mens",
      item_category3: "Shirts",
      item_category4: "Tshirts",
      item_variant: "Black",
      item_list_name: "Search Results",  // If associated with a list selection.
      item_list_id: "SR123",  // If associated with a list selection.
      index: 1,  // If associated with a list selection.
      quantity: 1
    }]

ペイロードでは、GA4タグの「設定フィールド」「ユーザー プロパティ」の設定の挙動も表示される

ちなみにですが、ペイロードでは、下記のように、GA4タグの「設定フィールド」「ユーザー プロパティ」の設定の挙動も表示されます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング(週間)

  1. 1

    【UA→GA4】プロパティ 自動作成  2023.3.1 GA4 補完計画

  2. 2

    GA4 × ChatGPT 爆速!GA4 設定 & 解析 革命 第1回

  3. 3

    GA4の指標「総ユーザー数」VS「アクティブ ユーザー数」

  4. 4

    ユニバーサル アナリティクス終了 過去データはどうなる?

  5. 5

    GA4 「ページ ロケーション」と「ページ パス と スクリーン クラス」何が違う?ドメインの有無以外にもパラメータの扱いに違いあり

  6. 6

    GA4の探索で「ページ別訪問数」を見ることは可能か?

  7. 7

    GA4 レポート用識別子、user_id の活用

  8. 8

    GA4 & Looker Studio(旧データポータル) 「割り当てエラー」問題 原因と打開策「データの抽出機能」(2023年1月14日 修正)

  9. 9

    GA4 拡張計測機能の新顔「フォームの操作」 form_start, form_submit

  10. 10

    GA4で異なるドメイン(サブドメイン)の同一ページパスをドメイン付きで表示する

最近の記事

  1. GA4 × ChatGPT 爆速!GA4 設定 & 解析 革命 第1回

  2. ユニバーサル アナリティクス終了 過去データはどうなる?

  3. 【UA→GA4】プロパティ 自動作成  2023.3.1 GA4 補完計画

カテゴリー

 
TOP