GA4に新ディメンション現る!「英名ランディング ページ / Landing Page(ランディングページ)(和名:リンク先ページ)」

リンク先ページ

「英名ランディング ページ / Landing Page(和名:リンク先ページ)」

「探索」のディメンションを触っていて、GA4のディメンションに無かったはずの「リンク先ページ」が現れたことに気付いた人がいるでしょう。

日本語版と英語版を並べて見ると、このようになっています。(2022年4月10日追記)

2022年4月8日追記:
「探索」で、
ディメンション=リンク先ページ(⇒行)
指標=閲覧開始数、セッション(⇒値)
で表を作って見た所、下記のようになりました。

「リンク先ページ」「閲覧開始数」「セッション」

レポート > ライフ > 集客 > トラフィック獲得

を見ていましょう。いつもは見慣れたこのレポートに、今日は何か変化があるかも知れません。

ページとスクリーンの右隣の「+」をクリックしてみてください。

「ページ / スクリーン」を選択すると「リンク先ページ(英名:Landging Page)が選択できるようになっています。

「リンク先ページ」を選択すると、セッションのデフォルトチャネルグループと「リンク先ページ=Landing」ページが紐づきました。

たとえば、Organic Socialから/archives/425にランディングした回数は、337セッション、ユーザー数は212人、ということが分かります。

同じことを「探索」でやってみましょう。

「探索」で試してみる

まず、「探索」で、「ディメンション」:「セクションのデフォルトチャネル グループ」、「指標」:「セッション」で表を作ります。

そこに、ディメンションで、

「リンク先(英名:Landing Page)のページ」をインポートします。

すると、「リンク先のページ(英名:Landing Page)」の列が表に追加されます。

「ネストされた行」を「Yes」にすると、

「セクションのデフォルトチャネル グループ」毎にまとめて、「リンク先のページ(英名:Landing Page)」の行を見ることができます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング(週間)

  1. 1

    【UA→GA4】プロパティ 自動作成  2023.3.1 GA4 補完計画

  2. 2

    GA4 × ChatGPT 爆速!GA4 設定 & 解析 革命 第1回

  3. 3

    GA4の指標「総ユーザー数」VS「アクティブ ユーザー数」

  4. 4

    ユニバーサル アナリティクス終了 過去データはどうなる?

  5. 5

    GA4 「ページ ロケーション」と「ページ パス と スクリーン クラス」何が違う?ドメインの有無以外にもパラメータの扱いに違いあり

  6. 6

    GA4の探索で「ページ別訪問数」を見ることは可能か?

  7. 7

    GA4 レポート用識別子、user_id の活用

  8. 8

    GA4 & Looker Studio(旧データポータル) 「割り当てエラー」問題 原因と打開策「データの抽出機能」(2023年1月14日 修正)

  9. 9

    GA4 拡張計測機能の新顔「フォームの操作」 form_start, form_submit

  10. 10

    GA4で異なるドメイン(サブドメイン)の同一ページパスをドメイン付きで表示する

最近の記事

  1. GA4 × ChatGPT 爆速!GA4 設定 & 解析 革命 第1回

  2. ユニバーサル アナリティクス終了 過去データはどうなる?

  3. 【UA→GA4】プロパティ 自動作成  2023.3.1 GA4 補完計画

カテゴリー

 
TOP