GA4 新ディメンション 「ユーザー獲得のutm_term, utm_content」 / 「セッション獲得のutm_term, utm_content」(日本語訳は分かり次第更新します)

解説記事

以前の記事(こちら)でGA4のレポートにおいては、utm_term, utm_contentは消えたとお伝えしましたが、まもなく復活することになりました。

ユーザー獲得の utm_term, utm_content (日本語訳は分かり次第更新します)

セッション獲得の utm_term, utm_content (日本語訳は分かり次第更新します)

これらのディメンションは、

  • 探索=すなわち、セグメントビルダー
  • 標準レポート=すなわち、比較
  • オーディエンス ビルダー

で使用できるようになります。

情報ソース:https://support.google.com/analytics/answer/9164320?hl=en#071122&zippy=%2C%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%2Creleases

UTM term and UTM ad content
We’ve added new dimensions that surface the utm_content and utm_term parameter values in Explorations, Reporting, and the Audience Builder. Both parameters have a user-scoped and session-scoped dimension.
The following new dimensions enable you to see the value assigned to the utm_content parameter across user and session scopes:
First user manual ad content
Session manual ad content

Additionally, the following dimensions enable you to see the value assigned to the utm_term parameter across user and session scopes:
First user manual term
Session manual term

https://support.google.com/analytics/answer/9164320?hl=en#071122&zippy=%2C%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%2Creleases

以前の記事はこちら:

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング(週間)

  1. 1

    【UA→GA4】プロパティ 自動作成  2023.3.1 GA4 補完計画

  2. 2

    GA4 × ChatGPT 爆速!GA4 設定 & 解析 革命 第1回

  3. 3

    GA4の指標「総ユーザー数」VS「アクティブ ユーザー数」

  4. 4

    ユニバーサル アナリティクス終了 過去データはどうなる?

  5. 5

    GA4 「ページ ロケーション」と「ページ パス と スクリーン クラス」何が違う?ドメインの有無以外にもパラメータの扱いに違いあり

  6. 6

    GA4の探索で「ページ別訪問数」を見ることは可能か?

  7. 7

    GA4 レポート用識別子、user_id の活用

  8. 8

    GA4 & Looker Studio(旧データポータル) 「割り当てエラー」問題 原因と打開策「データの抽出機能」(2023年1月14日 修正)

  9. 9

    GA4 拡張計測機能の新顔「フォームの操作」 form_start, form_submit

  10. 10

    GA4で異なるドメイン(サブドメイン)の同一ページパスをドメイン付きで表示する

最近の記事

  1. GA4 × ChatGPT 爆速!GA4 設定 & 解析 革命 第1回

  2. ユニバーサル アナリティクス終了 過去データはどうなる?

  3. 【UA→GA4】プロパティ 自動作成  2023.3.1 GA4 補完計画

カテゴリー

 
TOP