GA4 & Looker Studio(旧データポータル) 「割り当てエラー」問題 原因と打開策「データの抽出機能」(2023年1月14日 修正)

BigQuery

2023年1月14日 修正 「データの抽出」使用には十分な注意が必要

この記事でご紹介している、「Looker Studioの割り当てエラー対策として『データの抽出』が利用できる旨」の解説につきまして、GA4専門無料コミュニティにて、下記の貴重なご指摘をいただきました。以下、コミュニティに頂いた、投稿から引用させていただきました。

今のところ次のように考えています。
・データ抽出でディメンションに日付を追加すると1日ごとに集計されるので、日別の表は指標によっては正しい数値になることがある(GA4では日またぎのセッションは両日にカウントするのでセッション数は合わない)。
・総計は単純合計で集計される。イベント数などは単純合計だが、ユーザー数は重複するユーザーを考慮しないで合わない。
・日付をディメンションに追加しないと日付でフィルタできない。抽出期間とレポート期間を一致させるなら数値は正確に出せるが、表の総計は単純合計で集計されるので、多くの場合合わない。

https://discordapp.com/channels/954003180390342677/954003180843319372/1063641090726563851

Looker Studioの割り当てエラー対策として「データの抽出」が利用できる旨の記事がありますが、実際に試すと正確な数値がレポートできないでいます。 イベント数みたいな単純合計できるもの以外の指標(セッション数やユーザー数など)は、探索レポートと全く異なった数値が出てきます。集計ロジックがGAに直接接続したときと異なるようです。

https://discordapp.com/channels/954003180390342677/954003180843319372/1063477126453526598

上記の記事にアクセスして頂くには、無料登録が必要です。上記コミュニティには、有料要素はございません。

「割り当てエラー」とエラー表示されるケースが2022年11月以降頻発

「割り当てエラー」「このデータセットへのアクセス回数が多すぎます」とエラー表示されるケースが2022年11月以降頻発!

このエラーはLooker Studio(旧データポータル)のデータソースにGA4を利用している場合に発生。

GA4をデータソースとしてLooker Studioレポートを作る場合、「GA4 API」というAPIを通じてデータを取得。このGA4 APIの利用について、2022年11月にリクエストの上限設定が新たに加わった。これが多くのユーザーの困惑と混乱を招いている。

Announcing report editor improvements, GA4 request quotas

Dear Looker Studio fans,

This week, we’re launching 2 improvements to give you more control over the editor canvas:

  • Resizable component properties panel. You can resize the component properties panel. (Previously, we made the data panel, left-hand page navigation, and version history panel resizable.)
  • Zoom control. While in edit mode, you can use the Zoom control and menu to increase or decrease the report canvas’ display scale. 

In other news: 

Looker Studio reports that visualize Google Analytics 4 data are subject to Analytics Data API (GA4) quotas. Reports that exceed the quotas may display error messages.

The quotas should only affect highly trafficked reports. However, if you do experience related errors, check out the troubleshooting guide for some options to resolve it.

Thanks for using Looker Studio!

The Looker Studio team

https://support.google.com/looker-studio/thread/188075021?hl=en

この仕様変更により、GA4 APIのリクエスト上限超過に関するエラーが多発。

Looker Studioのグラフ要素が多くなる程、データ取得期間が長くなる程、APIリクエスト数が増えるためこのエラーが生じやすくなる

Looker Studioの
・グラフ要素が多くなる程
・データ取得期間が長くなる程
APIリクエスト数が増える。⇒エラーが生じやすくなる。ライトユーザーには問題ないとも言えるが、問題に遭遇しているユーザーは筆者の周りでは少なくない。

対処方法

まず、乱暴だが、下記のように考えられる。

× GA4→(接続)→Looker Studio 

〇 GA4→(エクスポート)→BigQuery→(接続)→Looker Studio

GA4からLooker Studioに直接連携するのではなく、GA4からBigQueryにエクスポートし、BigQueryからLooker Studioに連携することでこのエラーを解消できる。
(【最大の難点】BigQueryの費用は、データ量+クエリ数の従量課金であるため、運用実験してみないと、見積金額が算出できない。)


BigQuery以外の対処方法

  1. グラフ要素を減らす
  2. レポートの参照期間を短くする
  3. レポートの閲覧回数を減らす
  4. データの抽出」機能を使う(後述)
  5. 【番外編】アナリティクス360プロパティにアップグレードする

上記の方法は、下記のソースに基づいています。

Hi everyone!

Here’s an update on the GA4 quota enforcement:

First, apologies for any trouble or inconvenience here. 

Next, we’ve identified and fixed the issue that was preventing the proper error messages from appearing. You should now be getting more clarity on which quota has been exceeded. You can see an updated list in the troubleshooting guide

Finally, there are several options you can take to mitigate or resolve any quota issues. These include:

  • Reduce the traffic to the report. Consider sharing the report with fewer people, and don’t embed the report in a high traffic website.
  • Reduce the number of charts on each page.
  • Extract the Google Analytics 4 data and use the extracted data instead of the Google Analytics 4 data source.
    • Note: you’ll need to wait until any exceeded quotas have refreshed before you can extract the data. Depending on the quota exceeded, this can take up to 24 hours.
  • Export your Analytics data to BigQuery, then use the BigQuery connector to visualize that data in Looker Studio. 
  • Upgrade to Analytics 360.

 Hope this helps!

https://support.google.com/looker-studio/thread/188075021?hl=en&msgid=188771486

「データの抽出」

データの抽出機能を使うことで、特定のグラフ要素で利用する参照データを最小限にできる。

データ抽出の仕組み
既存のデータソース(種類は問いません)を選択して、特定のフィールドを指定すると、そのフィールドだけを含む「抽出済みデータソース」を作成することができます。フィルタや期間を適用することにより、データ量をさらに絞り込むことも可能です。作成した抽出済みデータソースは、通常のライブ接続されたデータソースと同じように、レポートや原因分析で使用できます。

https://support.google.com/looker-studio/answer/9019969?hl=ja

データの抽出機能

データの抽出機能を利用することで、リクエスト数を大幅に抑えることができる。ソースは下記。

Dear Looker Studio customers,

We understand that due to Google Analytics Data API (GA4) quota limits, you are experiencing issues while accessing Google Analytics 4 data through our Looker Studio connector. We apologize for the trouble and do understand that you are frustrated from not being able to retrieve the data you want to analyze in Looker Studio.

We are working on connector changes in Looker Studio to maximize the amount of data you can retrieve through the connector before exhausting the GA4 quota limits. We will announce the availability of these changes in our release notes

In the meantime, please refer to our troubleshooting guide for a solution that works for your use case. Consider also reaching out to the Google Analytics team with your feedback.

Thanks for using Looker Studio!

The Looker Studio team

The Looker Studio team

https://support.google.com/looker-studio/thread/188075021?hl=en&msgid=189596782

ただし、それぞれのグラフ要素に対応した抽出データを作成する必要があるため、対象のグラフ要素数が多い場合に設定に時間が掛かる。

Looker Studio データの抽出方法

データの抽出方法 – データソースから選択する

  1. Looker Studioを編集画面に。上部メニューにて、リソース > 追加済リソースの管理をクリック。
  2. 現在追加済のデータソースが表示される。下部の【データソースの追加】を選択。
  3. データソース用のコネクタ一覧が表示される。
  4. 検索画面で「データの抽出」と検索すると、【データの抽出】アイコンが表示される。開発者がGoogleであることを確認。
  5. 【データの抽出】コネクタを選択して表示された画面で、データ抽出の設定を行う。該当グラフで設定しているディメンションや指標をそのまま抽出時に入れるとよい。
  6. 【自動更新】設定をすると、設定した時間と頻度でデータ抽出が繰り返される。更新が必要な場合はONにする。重要:自動更新を設定しない限り抽出データは更新されない。【自動更新】は、記事執筆時点で「毎日」「毎週」「毎月」から選択できる。(下記に画面キャプチャーあり。)
  7. 保存を押すと完了。データソースを確認して【データの抽出】というデータソースが新たに加わっていればOK。【データの抽出】というデータソース名になり分かりにくいので、データソース名を判別しやすい名称に変更。
  8. それぞれのグラフに抽出したデータソースを適用する。(※グラフ毎に設定する必要がある。)グラフには​​もともとのデータソースが設定されている。これを新しく抽出したデータソースに変更する。
検索画面で「データの抽出」と検索すると、【データの抽出】アイコンが表示される
「自動更新」の設定画面。画面で、「毎週(金)」となっているのは、開始時期を「1/13/2023」としているためで、そこから自動で選ばれている。「毎週(金)」となっているのも、「1/13/2023」が金曜日であるため。

データの抽出の仕様

抽出データの上限は100MB : データ量が100MBを超過するとデータ抽出ができない。

2022年11月24日にアナウンスされた下記の情報によれば、”This work is underway” としながらも、別の選択肢も用意される模様です。

Dear Looker Studio customers,

Here’s a quick update on our plans to address the issue of Google Analytics Data API (GA4) quota limits preventing you from analyzing your Google Analytics 4 data in Looker Studio.

The plan has 2 components:

1) Optimizing how Looker Studio retries queries to mitigate the impact of the concurrent requests per property quota limit. 

2) Showing you the amount of quota tokens consumed by report components and the amount of tokens remaining for the report so that you can optimize your charts and reports. 

This work is underway, and we will update the community when these improvements are available.

Additionally, here are some best practices that you can implement to reduce the amount of data that is queried from Google Analytics 4. These steps can help avoid quota hits by increasing reliance on the Looker Studio data caching mechanism.

First, use owner’s credentials for the data source instead of viewer credentials to increase the likelihood of using cached data instead of querying data and using quota tokens. If you are relying on viewer’s credentials, consider switching to owner’s.

Second, if your reports use multiple Google Analytics 4 data sources, consider consolidating them if possible into a single reusable data source. This will also increase the likelihood of using cached data instead of querying data and using tokens.

While we implement these changes, we’ll share any new solutions here in the Community as well as add them to our troubleshooting guide. Consider also sharing your feedback about the quotas with the Google Analytics team.

Sincerely, 

The Looker Studio team

https://support.google.com/looker-studio/thread/188075021?hl=en&msgid=189902558

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング(週間)

  1. 1

    【UA→GA4】プロパティ 自動作成  2023.3.1 GA4 補完計画

  2. 2

    GA4 × ChatGPT 爆速!GA4 設定 & 解析 革命 第1回

  3. 3

    GA4の指標「総ユーザー数」VS「アクティブ ユーザー数」

  4. 4

    ユニバーサル アナリティクス終了 過去データはどうなる?

  5. 5

    GA4 「ページ ロケーション」と「ページ パス と スクリーン クラス」何が違う?ドメインの有無以外にもパラメータの扱いに違いあり

  6. 6

    GA4の探索で「ページ別訪問数」を見ることは可能か?

  7. 7

    GA4 レポート用識別子、user_id の活用

  8. 8

    GA4 & Looker Studio(旧データポータル) 「割り当てエラー」問題 原因と打開策「データの抽出機能」(2023年1月14日 修正)

  9. 9

    GA4 拡張計測機能の新顔「フォームの操作」 form_start, form_submit

  10. 10

    GA4で異なるドメイン(サブドメイン)の同一ページパスをドメイン付きで表示する

最近の記事

  1. GA4 × ChatGPT 爆速!GA4 設定 & 解析 革命 第1回

  2. ユニバーサル アナリティクス終了 過去データはどうなる?

  3. 【UA→GA4】プロパティ 自動作成  2023.3.1 GA4 補完計画

カテゴリー

 
TOP