GA4 カスタム ディメンション に待望の「アイテム スコープ」登場か?

カスタム ディメンション

2022年12月28日、08:02am現在、GA4のこちらのヘルプを見ると、

https://support.google.com/analytics/answer/10075209?hl=ja

なぜかタイトルに「公開しないでください」とあり=しかしこのページは公開状態。

カスタム ディメンション の 「アイテム スコープ」 について下記の記述が追加されています。

ただし、この記述は英語版ヘルプ(URLは下記)には掲載されていないので、今後の動きにご注目ください。

https://support.google.com/analytics/answer/10075209?hl=en

スコープ (2022年12月28日、08:02am現在)

カスタム ディメンションには、次のスコープのいずれかを設定できます。

  • ユーザー スコープのカスタム ディメンションを作成すると、ユーザーの職業や好きなスポーツチームなど、ユーザーの静的な(すぐには変わらない)属性を指定できます。
  • イベント スコープのカスタム ディメンションを作成すると、ウェブサイトまたはアプリでユーザーが行うアクションを指定できます。上記の例では、「Author」ディメンションにイベント スコープが設定されています。
  • アイテム スコープのカスタム ディメンションを作成すると、e コマース イベントに含まれる 1 つ以上のアイテムを指定できます。たとえば、e コマース イベントのアイテムの色として、item_color というアイテム スコープのカスタム ディメンションを作成できます。
https://support.google.com/analytics/answer/10075209?hl=ja

これまでスコープには、ユーザーとイベントしかなく、アイテムの登場が待たれています。

2022年12月27日 17:45時点では、英文ヘルプ(下記URL)には、まだ、Item Scope に関する記述は掲載されておりません。

https://support.google.com/analytics/answer/10075209?hl=en

通常は英文ヘルプで掲載⇒遅れて日本語ヘルプに掲載のパターンが多く、今回は珍しいケースと言えそうです。

Event and user scope (2022年12月28日、08:02am現在)

A custom dimension has either an event scope or user scope.

  • Event scope: In the example above, you would create the Author dimension to have an event scope.
  • User scope: Create user-scoped custom dimensions to identify static or slowly changing attributes of your users, such as “spender=true”, “profession=engineer”, or “favorite_team=Real Madrid”.

A custom metric always has an event scope.

https://support.google.com/analytics/answer/10075209?hl=en

設定画面では、2022年12月27日、17:00現在、実装可能状態は未確認です。

いずれは上記設定画面の選択肢に「アイテム」が追加されるのではないかと考えられます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング(週間)

  1. 1

    【UA→GA4】プロパティ 自動作成  2023.3.1 GA4 補完計画

  2. 2

    GA4 × ChatGPT 爆速!GA4 設定 & 解析 革命 第1回

  3. 3

    GA4の指標「総ユーザー数」VS「アクティブ ユーザー数」

  4. 4

    ユニバーサル アナリティクス終了 過去データはどうなる?

  5. 5

    GA4 「ページ ロケーション」と「ページ パス と スクリーン クラス」何が違う?ドメインの有無以外にもパラメータの扱いに違いあり

  6. 6

    GA4の探索で「ページ別訪問数」を見ることは可能か?

  7. 7

    GA4 レポート用識別子、user_id の活用

  8. 8

    GA4 & Looker Studio(旧データポータル) 「割り当てエラー」問題 原因と打開策「データの抽出機能」(2023年1月14日 修正)

  9. 9

    GA4 拡張計測機能の新顔「フォームの操作」 form_start, form_submit

  10. 10

    GA4で異なるドメイン(サブドメイン)の同一ページパスをドメイン付きで表示する

最近の記事

  1. GA4 × ChatGPT 爆速!GA4 設定 & 解析 革命 第1回

  2. ユニバーサル アナリティクス終了 過去データはどうなる?

  3. 【UA→GA4】プロパティ 自動作成  2023.3.1 GA4 補完計画

カテゴリー

 
TOP