「セッションあたりの平均エンゲージメント時間」と「ユーザー エンゲージメント」

解説記事

「セッションあたりの平均エンゲージメント時間」

「探索」の「指標の選択」で選択できる「セッションあたりの平均エンゲージメント時間」とは、画面上の解説では、「セッションあたりの『ユーザー エンゲージメント時間』です。」とあります。

「ユーザー エンゲージメント」

同じく、「探索」の「指標の選択」で選択できる「ユーザー エンゲージメント」とは、画面上の解説では、「サイトまたはアプリがユーザーのデバイスのフォアグラウンドで動作している時間の合計(秒)です。」とあります。

ユーザーエンゲージメント

ユーザー エンゲージメントの指標は、アプリの画面がフォアグラウンド表示されていた時間、またはウェブページがフォーカス状態にあった時間の長さを示します。サイトまたはアプリを使用していてもページまたは画面が表示されていないときは、ユーザー エンゲージメントの指標は収集されません。ユーザー エンゲージメントの指標は、ユーザーがウェブサイトまたはモバイルアプリを積極的に使用しているタイミングを把握するのに役立ちます。

ユーザー エンゲージメントの指標のデータは、user_engagement イベントから取得されます。イベントが送信されるのは、ユーザーがページから移動したとき(ユーザーがタブやウィンドウを閉じたとき、または別のページや画面に移動したとき)です。こうしたイベントには、セッション エンゲージメントのステータスとユーザーのエンゲージメント時間も含まれます。前のイベントが送信されて 1 秒が経過する前にイベントが発生した場合、そのイベントは送信されません。

ウェブページが 1 秒以上フォーカスされている時 user_engagement イベントが発火しそのパラメータであるengagement_time_msecも発生します。
例:ユーザーが 5 秒間ウェブサイトにアクセスしたとする。この場合、engagement_time_msec パラメータは 5,000 ミリ秒となるが、10,000 ミリ秒未満なので、ユーザーのアクティビティはエンゲージメント セッションとしてはカウントされない。

アナリティクスでは、user_engagement イベントが &_et パラメータを介してイベントごとに渡されます。セッションの最後のイベントの後でエンゲージメント時間が発生していない場合、このパラメータは省略されます。たとえば、first_visit イベントと session_start イベントの前にはエンゲージメントが発生しないため、送信時にはパラメータは省略されます。また、各ページの最初のイベント(page_view など)でもエンゲージメント時間は発生しません。

公式ヘルプ

https://support.google.com/analytics/answer/11109416?hl=ja

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング(週間)

  1. 1

    GA4の指標「総ユーザー数」VS「アクティブ ユーザー数」

  2. 2

    GA4の探索で「ページ別訪問数」を見ることは可能か?

  3. 3

    GA4 「ページ ロケーション」と「ページ パス と スクリーン クラス」何が違う?ドメインの有無以外にもパラメータの扱いに違いあり

  4. 4

    GA4 拡張計測機能の新顔「フォームの操作」 form_start, form_submit

  5. 5

    GA4 レポート用識別子、user_id の活用

  6. 6

    GA4で異なるドメイン(サブドメイン)の同一ページパスをドメイン付きで表示する

  7. 7

    「セッションあたりの平均エンゲージメント時間」と「ユーザー エンゲージメント」

  8. 8

    GA4 BigQueryへのデータエクスポート | オンラインセミナー アーカイブ動画+テキスト起こし(2022年6月16日開催)

  9. 9

    GA4とGoogle広告の連携・オーディエンス・ 広告用機械学習 | オンラインセミナー アーカイブ動画+テキスト起こし(2022年6月2日開催)

  10. 10

    GA4 クロスドメイン設定では、リンク先に「_gl」パラメータが付く。勝手なパラメータを付けるとエラーになるページは要注意

最近の記事

  1. GA4 推奨 コマースイベントに item_category6 は追加できるか?

  2. GA4無料コミュニティで頂いたご質問 「Looker Studio にて、『page_referrer』が呼び出せないのは何故ですか?」

  3. 【英語発表】UA360に延命措置。ユニバーサル アナリティクス 有料版=360なら、2024年(再来年)7月1日までUAが使えると【英語公式ヘルプ】と【英語版公式ブログ】が伝える

カテゴリー

 
TOP