GA4 探索 「経路データ探索」を活用したサイト改善例

経路データ探索

こちらの記事

で取り上げた、

偏差値55.6のページ「Men‘s / Unisex | Apparel | Google Merchandise Store」を例に、改善方法の仮説を立てる流れをご説明します。

この記事で取り上げているデータは、Googleが公開しているGA4のデモデータを使用しており、こちらからどなたでもアクセスできます。https://support.google.com/analytics/answer/6367342?hl=ja#zippy=%2C%E3%81%93%E3%81%AE%E8%A8%98%E4%BA%8B%E3%81%AE%E5%86%85%E5%AE%B9

「探索」の「経路データ探索」の最初の画面からスタートします。

「終点」をクリックします。

始点(ややこしいですが「終点」を選ぶ際も、上記のように画面は「始点の選択」となります。)は「ページ タイトルとスクリーン名」で「Men‘s / Unisex | Apparel | Google Merchandise Store」を選択します。

GA4デモデータの2022年9月1日のデータを使用。デバイス カテゴリ=desktopのフィルタを掛けています。「ステップ -1」は「ページ タイトルとスクリーン」を選択してください。

「Sale | Google Merchandise Store」⇒ 「Men‘s / Unisex | Apparel | Google Merchandise Store」のルートに着目し、ここにUI/UX上の問題が無いかを確認します。

「Sale | Google Merchandise Store」は、ヘッダー部のナビゲーションの中でも、赤色の文字になっている重要なページです。

「Sale | Google Merchandise Store」から「Men‘s / Unisex | Apparel | Google Merchandise Store」に遷移する場合の、ユーザー体験を確認します。

「Sale | Google Merchandise Store」から「Men‘s / Unisex | Apparel | Google Merchandise Store」の画面遷移はこのような感じです。

「Sale | Google Merchandise Store」から「Men‘s / Unisex | Apparel | Google Merchandise Store」に遷移したユーザーが「Sale」商品を探したい場合、探し方が分かりません。このことにユーザーが不満を感じているという仮説が考えられます。

今回は、「経路データ探索」でユーザーの遷移を確認し、そこからユーザー体験の問題点について仮説を立てるという流れをご紹介しました。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング(週間)

  1. 1

    GA4の指標「総ユーザー数」VS「アクティブ ユーザー数」

  2. 2

    GA4の探索で「ページ別訪問数」を見ることは可能か?

  3. 3

    GA4 「ページ ロケーション」と「ページ パス と スクリーン クラス」何が違う?ドメインの有無以外にもパラメータの扱いに違いあり

  4. 4

    GA4 拡張計測機能の新顔「フォームの操作」 form_start, form_submit

  5. 5

    GA4で異なるドメイン(サブドメイン)の同一ページパスをドメイン付きで表示する

  6. 6

    GA4 レポート用識別子、user_id の活用

  7. 7

    「セッションあたりの平均エンゲージメント時間」と「ユーザー エンゲージメント」

  8. 8

    GA4 BigQueryへのデータエクスポート | オンラインセミナー アーカイブ動画+テキスト起こし(2022年6月16日開催)

  9. 9

    GA4 クロスドメイン設定では、リンク先に「_gl」パラメータが付く。勝手なパラメータを付けるとエラーになるページは要注意

  10. 10

    GA4とGoogle広告の連携・オーディエンス・ 広告用機械学習 | オンラインセミナー アーカイブ動画+テキスト起こし(2022年6月2日開催)

最近の記事

  1. GA4 推奨 コマースイベントに item_category6 は追加できるか?

  2. GA4無料コミュニティで頂いたご質問 「Looker Studio にて、『page_referrer』が呼び出せないのは何故ですか?」

  3. 【英語発表】UA360に延命措置。ユニバーサル アナリティクス 有料版=360なら、2024年(再来年)7月1日までUAが使えると【英語公式ヘルプ】と【英語版公式ブログ】が伝える

カテゴリー

 
TOP